スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←意図的に悪評を買う →商人頭と客頭
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

未分類

社会起業家とは

 ←意図的に悪評を買う →商人頭と客頭

「社会起業家になりたいと思ったら読む本」の中から、心に響く言葉より…


最近の社会起業家とかつての活動家のあいだには、ひとつ根本的な違いがあります。

歴史上の活動家は、権力を持たないアウトサイダーとして取り組みをつづけました。

いわば、豪邸の門前に押し寄せる招かれざる客のようなものでした。


他方、社会起業家は、変革を実現するために外側と内側からの両面作戦を展開します。

たとえば近年では、環境問題に挑む社会起業家はウォルマート、ゼネラル・エレクトリック(GE)などの企業やアメリカ陸軍などとじかに手を組み、環境にやさしい習慣の啓蒙に努めています。

活動家は企業に対して外側から変革の必要性を説きますが、社会起業家は組織内部に働きかけて何をすべきかを示してきました。


チェンジメーカーを志す人々はたいてい、変革の建設的な側面を見落としてしまいます。

教育の分野では、たしかに、教育政策を改めるには政治動員が欠かせません。

ですが、昨今では、優れた教員に目星をつけて、長く働いて能力をいっそう伸ばしてもらうために、何か方法を見出さなくてはなりません。

しかも、教員の仕事に向かない人材であれば、できるだけ早くべつの道に進ませることも必要になります。

そのためには、政治力だけはなく実績ある解決策が求められます。

いまでは、怒りの声をあげることよりも問題の解決に関心を向ける社会運動が起きています。


『ニューヨーク・タイムズ』のコラムニスト、ニコラス・Dクリストフはこう書いています。

「学生運動はいつの時代にもあった。

わたしのころにはたいては抗議が中心だったが、驚いたことに、最近では、何か前向きな活動をするために組織を立ち上げる例もあるようだ。

これはいわば社会起業革命だろう。

わたしはこの動きに畏敬の念を抱いている」

『社会起業家になりたいと思ったら読む本』(井上英之監修)ダイヤモンド社
スポンサーサイト



もくじ  3kaku_s_L.png 未分類

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【意図的に悪評を買う】へ  【商人頭と客頭】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。