スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←後悔しない人生を送るには →常人離れした生き方をしている人たち
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

未分類

人にかわいがってもらうには

 ←後悔しない人生を送るには →常人離れした生き方をしている人たち
料理の鉄人、道場六三郎氏の心に響く言葉より…


「手に職をつけたほうがいい」と、19歳の時に東京にいきました。

家を出ていく時、母は

「六ちゃん、人にかわいがってもらえや」

と言いました。

親として、一番悲しいのはいじめに遭ったり、人から嫌われたりすることだったんでしょう。


一方、親父は

「石の上にも三年だ。

行ったからには石に齧(かじ)りついてでも我慢しろ。

決して音を上げるな」

と。


また、両親は浄土真宗の信者でもあり、幼い頃からこんな話をよく聞かせてくれました。

「おまえは自分の境涯(きょうがい)を喜ばなければならない。

この世に生まれてきて、目の見えない子や耳の聞こえない子もいる中で、おまえには鼻はついている、耳はついている、五体満足に全部揃(そろ)っている。

それを喜ばすに何を喜ぶんだ」。


「辛いこと、苦しいことがあっても嘆いてはいけない。

逆境に遭ったら、それは神が与えた試練だと思って受け止めなさい」


「たとえ逆境の中にいても喜びはある」。


そういう言葉の一つひとつが、僕の人生において非常に支えになりましたね。


料理の世界に入っても幸いなことに、先輩やオヤジさん(親方)から非常にかわいがってもらえて、別段辛いことってなかったですね。

僕は調理場でもなんでも、いつもピカピカにしておくのが好きなんです。

例えば鍋が煮こぼれしてガスコンロに汚れがつく。

時間が経つと落とすのが大変だから、その日のうちに綺麗にしてしまう。

そういうことを朝の3時、4時頃までかかっても必ずやりました。


それで、オヤジさんが来た時に

「お、綺麗やなぁ」と言ってもらえる。

その一言が聞きたくて、もうピカピカにしましたよ。

だからかわいがってもらえたんですね。


仕事場の人間関係でも一番大事なのは人に好かれることで、もっと言えば

「使われやすい人間になれ」

ということでしょうね。

あれをやれ、これをやれと上の人が言いやすい人間になれば、様々な仕事を経験でき、使われながら引き立ててもらうこともできるんです。

《人生の要諦は心術にあり》道場六三郎&坂井宏行氏の対談

『月刊致知 2012年4月号』“順逆をこえる”致知出版社



「与えたものしかかえってこない」という原理がある。

例えば、挨拶にしても、こちらから挨拶しなければ、普通の人は挨拶してくれない。

もし、人様にかわいがってもらいたかったら、先に、自分がその人の喜ぶことをすることだ。


それを、「可愛(かわい)げ」のある人という。

可愛げのある人は、上司や先輩から見て、「使いやすい人」、「言いやすい人」、「素直な人」、である。

それは、上司や先輩の、気持がわかる人であり、喜ばすことができる人でもある。


人からかわいがってもらえる人は、いつか誰かが引き立てくれる。
スポンサーサイト



もくじ  3kaku_s_L.png 未分類

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【後悔しない人生を送るには】へ  【常人離れした生き方をしている人たち】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。