スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←心時代の夜明け →人にかわいがってもらうには
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

未分類

後悔しない人生を送るには

 ←心時代の夜明け →人にかわいがってもらうには
アルボムッレ・スマナサーラ師の心に響く言葉より…


「ほとんどの人間は、自分は死なないという前提で生きています。

これ自体とんでもない勘違いで、無知なのです」


これは、別に暗い考え方ではありません。

形あるものはいつか壊れ、自分もいつかは死ぬ…現世には一時的にとどまっているだけだと考えれれば、残された時間の少なさを自覚でき、小さなことにつまずいたり、悩んだりすることもなくなるはずです。

しかし、実際は、ほとんどの人が死を身近な問題としてとらえずに生きています。

だから、とるに足らない小さなことを思いわずらうのです。

仕事でも、他者とのつきあいでも、自分が死なないという前提で行動するのは危険です。


自分の命はずっと続くと勘違いしていると、ひとつのことに強く執着し、理性のない行動をとってしまいます。

生命が有限だとわかっていれば、そんな愚かなことをしている暇はないと気づくはずです。


死にたくないと考えるのは、生き物にとって当たり前のことですが、それは、たんなる願望です。

自分は必ず死ぬと思い知ってください。

そうすれば、何ごとにも執着せず、後悔しない人生を送れます。

『こころを清らかにする言葉』イースト・プレス



我々は、今日や明日では死なないと思っている。

だからこそ、この一瞬を大事にせず、無駄な時間をすごしても平気だし、今日やらなければならないことを、明日やればいいや、と先延ばしにもする。


しかし、明日もし死ぬと分かったら…

どんなに、たくさんの金銀財宝もただの石ころにしか思えないだろうし、三ツ星シェフのご馳走も喉に通らない。

どんなに、人生の一大事であっても、あるいは、とらわれや執着も、些細(ささい)なことに思えるだろう。

どんなに、嫌いな人間に、何を言われようが、腹も立たないし、かえって愛(いと)おしい気持ちさえわいてくるかもしれない。


中村天風師は、こう言った。

「さしあたる事柄のみをただ思え、過去は及ばず、未来は知られず」


人は、自分の過去を変えることはできない。

同時に、1分先の未来でさえ分かる人はいない。

確かなことは、「この瞬間」、今しかない、ということだ。

それを即今(そっこん)という。


人は生まれたら必ず死ぬ。

だからこそ、「即今」という、この今を、一所懸命生き抜き、楽しみたい。
スポンサーサイト



もくじ  3kaku_s_L.png 未分類

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【心時代の夜明け】へ  【人にかわいがってもらうには】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。