スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←ウィルマ・ルドルフ →あるほうに賭けたほうが得
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

未分類

あきらめたから、生きられた

 ←ウィルマ・ルドルフ →あるほうに賭けたほうが得
2001年夏。

漁船のエンジントラブルで、37日間の漂流ののち、通りかかった大型漁船に発見され、救助された。


長崎県から、千葉県銚子沖800キロまで流された。


食料も水も無く、世間からは絶望であると思われていた。


体力が衰えるなかで、

キーホルダーで作ったルアーで魚を釣り、

海水をやかんで蒸留して水滴をなめ、

果ては小便まで飲んだ。。。



彼の名は【武智三繁】

以下

「あきらめたから、生きられた」

武智三繁 著
幻冬舎文庫より

~~~


ある人が言うには、あきらめるって仏教の言葉らしいんだ。


それも悪い意味じゃなくて、あきらかにする、

あきらかに見るっていうことだって。


漂流しているとき、なるほどその通りだって思ったよ。


だって、水がもうないってことはあきらかなんだから。

水はないんだぞってことを、ちゃんと自分にも納得させるっていうことが、あきらめるってことなんだ。


自分の状況をあきらめれば、いろんなことが見えてくる。


水はもうないぞ、でも自分は生きている。


手も足も動く。

だったら、その動く範囲で何かはできるはずだって。


そのできることは、とりあえずやっとこうと。

とりあえず、だよ。


とりあえずで、いいじゃないの。


とりあえず、魚釣ってみた。


とりあえず、海の水を沸かしてみた。


とりあえずの繰り返しで、俺はなんとか生き続けたんだもの。


あきらめて、あきらめて、とりあえず、とりあえず何かやって、あの37日間を生き抜いたんだもの。


俺は、頑張って生き延びたわけじゃないんだ。


頑張って、必死になってたら、きっといまここにはいられないだろうと思うんだ。


頑張り続けることは、しんどいもの。


頑張り続けていたら、きっとどこかで、息切れしちゃってたと思う。


他の人のことはわかんないけどさ。


俺は頑張らなかったから、生きられたんだ。


だから俺は、辛い目にあっている人に言ってやりたい。


頑張らなくっていいんだよ。


力を抜いていいんだよって。


それで、とりあえず、自分にやれることをやったらいい。


疲れたら、休みながら。

とりあえず、できることだけやってみようって。


それでいいんだよっ、て。


100人の一歩より転記
スポンサーサイト



もくじ  3kaku_s_L.png 未分類

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【ウィルマ・ルドルフ】へ  【あるほうに賭けたほうが得】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。