スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←子供は大人の鏡 →ユーモアという宝物
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

未分類

周波数を相手に合わせる

 ←子供は大人の鏡 →ユーモアという宝物
鈴木惣士郎氏の心に響く言葉より…


初対面なのに、なぜかあの人とは「気が合う」という経験をしたことはありませんか?

「気」とはその物体がもっているエネルギーであり、物理の世界では周波数という言い方もします。

人間同士、気が合ったり、気心が通じるのは、周波数がお互いに合っている状態なのです。


周波数を目の前にいる相手に合わせる。

そのコツをお教えしましょう。

周波数のチャンネルのつまみは三つあります。

理論や考え方をあらわす「頭のダイヤル」、好き嫌いをあらわす「感情のダイヤル」、そしてもっと深い部分の思いをあらわす「想念のダイヤル」です。


ビジネスの場では、考え方や利害が同じものに近づけばいいので、「頭のダイヤル」のつまみをお互いにひねって、周波数を一致させます。

これはわりと簡単です。

私たちも日常的によくやっています。


そして、パートナーや友達としてもっとうまくやろうと思えば、趣味や嗜好(しこう)も一致させたほうがいいということで、「感情のダイヤル」のつまみを合わせます。

これもそんなに難しいことではありません。

少し努力すればすぐにできるようになります。


でも、本当に大切なのは三つめの「想念のダイヤル」なのです。

実はこれさえ合わせることができれば、「頭」も「感情」も自動的に一致してしまうというくらい、「想念」には重要な働きがあります。

「想念のダイヤル」を相手に合わせるということは、「相手の心をイメージし、相手になりきってしまう」ということです。

自分を無にして、相手のことだけを考える。

それをくり返していくと、「いまあの人はきっとこうして欲しいのだ」とか「こう思っているに違いない」ということがわかってきます。

そうすると心の周波数が徐々に合ってきます。

『一番ほしいものをあげなさい』サンマーク出版



どんな人にも、「立場」というものがあり、その時の「立場」で発言している。

例えば、会社の社長は、会社にいるときは、社長としての「立場」で発言をするが、家庭に帰れば、父親としての「立場」で発言する。

また、その社長が、何かの会の会長をやっていれば、そこでは会の会長としての「立場」で発言する。


「なぜ、この人は自分に対してこんな攻撃的なことを言うんだろう」と思ったときは、相手の立場を想像してみるといい。

相手の立場を想像するとは、自分が相手になりきり、周波数を合わせること。


誰も、他人を変えることはできないが、その人と周波数を合わせることはできる。

相手になりきれば、もっと和(なご)やかになれる。
スポンサーサイト



もくじ  3kaku_s_L.png 未分類

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【子供は大人の鏡】へ  【ユーモアという宝物】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。