スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←日本一のパパ →直観力は場数を踏むこと
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

未分類

ここ掘れワンワン

 ←日本一のパパ →直観力は場数を踏むこと
中島薫氏の心に響く言葉より…


『花咲かじいさん』という話があります。

ご存じの通り、これは裏の畑でポチがあまりに吠(ほ)えるので、木の根元を掘ったところ、何と大判小判がたくさん埋められていたという話です。

そこから私が得たヒントというのは、「繰り返す」ということです。


ポチが吠えた、そのとききっと「ワンワンワン」と何回も何回も、それこそとりつかれたように吠えたから、おじいさんもちょっと掘ってみようかなという気になったのではないかと思うのです。

もしもこれが「ワン」と1回だけだったら、おじいさんも気にしなかったのではないでしょうか。

これをポチの側から見れば、おじいさんにどうしても伝えたいことがあったので、「ワンワンワン」、それでもだめならもう一度、というのが功を奏したのではないかと思うのです。


それで私は、ビジネスで一度「ノー」といわれても、本当に相手にわかってほしいと思ったら、というより、「この人ならきっとわかってくれる」と思ったら、タイミングを見計らってまたトライしてみるのです。

普通の人は「ノー」というのはあくまで「ノー」でしかないかもしれません。

でも、私は「イエスの始まり」「イエスへの第一歩」だと思うようにしているのです。

『始めるのに遅すぎることなんかない!』サンマーク出版



会社の部下や、自分の子どもに、『もう何回も言っている』のに、「何も変わらない」とか、「少しもよくならない」という人は多い。

しかし、よく考えると本当は、ほんの2.3回しか言ってない、という人がほとんどだ。


「何回も」という言葉はくせものだ。

自分のやったことは、実態より、つい大きめに考えてしまうのが人間だからだ。


1回言ったくらいで変わる人はいない。

繰り返し同じことを言い続ければ、行動を変える人は出て来る。


「ここ掘れワンワン」

一度だけの「ワン」では、そこにどんな素晴らしい宝が埋もれていようと、掘り返す人はいない。
スポンサーサイト



もくじ  3kaku_s_L.png 未分類

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【日本一のパパ】へ  【直観力は場数を踏むこと】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。